医療法人社団 整形外科 進藤病院

〒078-8214 北海道旭川市4条通19丁目右6号
TEL0166-31-12210166-31-1221
FAX:0166-32-5404

NEWS戻る

HOME > メディカルコラム > 進藤病院APS療法体験記

3月某日、理事長が当院のAPS療法を受けました。
業者の方もそばで見守ってくれています。
実施担当スタッフの方々です。入念な打ち合わせをしているところです。

細胞加工室という専用の部屋でAPSを作製します。

こちらがAPS作製キットです

採血した血液が固まらないよう、先に抗凝固剤を注射器に詰めます。
消毒をしてから55㏄採血します。

 

採血した血液をクリーン状態の環境下で1つめの専用容器に移します。

遠心分離器に15分間かけて血液をそれぞれの成分に分離させます。

分離されましたが、上部の透明な液体は使わないので、注射器で吸い出して捨てます。

1つ目の専用容器から必要な血小板血漿の部分を抽出し、次に2つ目の専用容器に移します。

2つ目の容器を遠心分離器にかけます

最後にこれだけのAPSが出来上がりました!
専用容器からAPSを取り出します。

これから理事長の膝にAPSが注入されます。

消毒→関節液があったら先に抜きます→APSを注入します→注射器を抜いて消毒して終わりです

いかがでしたか?
献血よりはかなり少ない量の採血なので、貧血になる心配はありません。
定期的に膝に注射をされている方は、同じ感覚でできる治療です。
いつでもご相談ください。

ちなみに、理事長の後日談です 「腫れも無く、膝も軽くなり、絶好調だ!」