医療法人社団 整形外科 進藤病院

〒078-8214 北海道旭川市4条通19丁目右6号
TEL0166-31-12210166-31-1221
FAX:0166-32-5404

NEWS戻る

HOME > ブログ > ある日のこと・・・

みなさん,こんにちは~外来看護師T&Tのつぶやき隊です。
いつも当院で行っている事を紹介させていただきます。
と,その前に・・・
診療科で整形外科といっても幅広く大きく分けて脊椎(頚や腰),上肢(鎖骨~指先),下肢(骨盤~足先)に分類されており,当院でも,脊椎,上肢,下肢,スポーツ医学の医師がおります。
当院では週に一度,医師のカンファレンス(臨床検討会,症例検討会)が行われており,カンファレンスには全ての整形外科医,麻酔科医,手術室看護師などが参加しています。
カンファレンスの前,後の週の手術症例を基に話し合われ手術方針について討議し仮に異論がある場合には徹底的に話し合われ,シュミレーションを行い100%の状態で手術に臨んでおります。

と,ここまでは他の施設でも行われていると思いますが・・・
当院では,外来診療中でも外来にてカンファレンスを行っています。当院は第1診察室~第4診察室,内科の診察室の計5つの診察室があり,それぞれの医師が患者さんの診療を行っています。

ある日のこと・・・
足の痛みを訴えてきた患者のAさんがC医師の診療している診察室に入り,問診→診察→レントゲン撮影を行いました。レントゲン写真では不明であったためCT撮影が追加されました。CTの結果が出た為,全ての診療がストップ。診察室では外来で診療している全ての医師が集合しCTを読影しながら患者さんの主訴,症状,治療方針についての症例カンファレンスが始まりました。

カンファレンスで情報を共有し患者さんは,C医師→E医師の診察室に入り,患者さんにわかりやすい言葉で病状と治療方針について説明がなされ患者さんは納得されて治療を行いました。
これぞ,まさしくチーム医療だと感じさせられる場面です。

私たちの病院は,患者さんを中心に考え医療従事者が連携,協働して治療やケアを実践しております。そこが一番の魅力だと感じ,日々外来看護に従事しております。