医療法人社団 整形外科 進藤病院

〒078-8214 北海道旭川市4条通19丁目右6号
TEL0166-31-12210166-31-1221
FAX:0166-32-5404
HOME > ブログ

今までの記事戻る

こんにちは。3階病棟スタッフのNです。

早いものでもう2月になりましたね。この寒さと雪もあと2か月くらいですかね。

雪の時期は、歩いて通勤している私としては春が待ち遠しいです。早く自転車に乗りたいです。

この寒い時期は当院も忙しい時期になるのですが、休みをいただき近場の温泉に行ってきました。ちょっと奮発して展望風呂付の部屋に連泊してきました。なので、好きな時間に他を気にせず、この時期ならではの雪見風呂を存分に満喫してきました。

 

お風呂場は自宅でも同じですが、滑りやすいので転倒する危険の高い場所です。転倒して骨折ということもありますので、十分に気を付けていたのですがそれでも何度か足が滑ってしまいました。油断すると転びそうになる場所ではありますが、温泉っていいですよね。広い浴槽で手足を伸ばしのんびりとしてきました。今回知ったのですが、何度も入るのはよくないらしいですね。ついつい部屋の温泉や大浴場に足を運んでしまいました。大浴場では、何度か同じ人に会ったのでやはり皆さん同じなんだと思いました。

 

きれいなお部屋で過ごし、自由に温泉に入れて、おいしい料理をいただき至れり尽せりの温泉生活を過ごさせてもらいましたので、これからもより一層患者様に安心して入院生活を送ってもらえるよう看護させていただきます。

こんにちは!放射線課のYです!本当はMですw
皆様の興味をかきたてることができませんが・・・。
少しのお時間お付き合いを。

私は特に趣味はありませんが、今流行り?リメイク?DIY?
物を作ること、上手い下手は別にして、休みのほとんどの時間を費やしています。ホー○ック、コ○リには週3、4行くことも!
最近では、16年ご愛用?のトイレも数千円でこのように!(写真嫁に怒られるかな???)

100円ショップ商品でおしゃれな?カフェ時計などなど。家族に喜ばれるものは少ないですが・・・。

色々なものを作ってストレス発散をしております。
まぁ自分で考えたものではないですがw
今では身近なインターネットですべて載っております!
興味のある方は、自作してみてはいかがでしょうか?

その際、進藤病院ホームページにも足を運んでいただけると職員一同嬉しく思います。
ではコメ○に行ってきますw

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年は雪も多く、しかも最近とっても寒いなかツルツル路面を命がけで通勤している4階看護師Cです。
年が明け、このような道路状況もあり、外来・入院患者さんも急増しています。皆様もお気を付け下さい。

4階回復期病棟にも在宅復帰のため、年末年始もリハビリを頑張っている方がたくさん入院されています。そんな中、少しでも季節感を味わって頂こうとたくさんの物が飾られ、病棟を彩ってくれています。

雪が降ってからクリスマス頃まで廊下の壁に飾られていた作品です。

とてもメルヘンチックで我々大人もサンタさんが来るのではないかと思う、夢のある作品です。当院ウェブサイトの中にも入学式の作品が紹介されていますが、四季折々の作品を業務の間に飾り付けてくれているのが、看護助手のAさん(看護師ではありません!)。

これらは全てAさんの手作りで5年以上前から続けてくれています。
歩行練習の合間に足を止めてみる患者様も多く、好評です。

正月用の水引です。年末に看護助手のBさんが多くの患者様と共に作ってくれました。この写真の作品は患者様が作ったもので病室に飾られています。
ちょっとした工夫で、こんなにもお正月らしい暖かい作品になるのだなと感心します。

ホールの一角にさりげなく飾られた雪だるま。看護助手のCさんが自らの趣味を生かし自宅で作って持ってきてくれました。木粉粘土で出来ていてとっても軽く、ちょこんと乗っている帽子もCさんの手編みです。雑貨屋さんにあってもおかしくない愛らしい雪だるまに患者様もほっこり。
以上ごく一部ですがご紹介しました。

 

身体的介護が多く、どんどん離床をすすめ在宅に繋げて行くためにも、4階病棟は看護師だけではなく看護助手の力は必須です。多忙な業務の合間にこんなにも様々な工夫や愛情で病棟を元気にしてくれている助手たちに感謝。

私達看護師もますます患者様に寄り添い患者様が望む退院支援を頑張っていかなきゃと思う今日この頃です。

医事課の佐藤です。クリスマスが終わると、年末、年始と慌ただしいですね。
しかも寒いんですよ。今年。
外で呼吸をしていると、寒さだけで知覚過敏の歯がしみるレベルの寒さです。
昔は、もっと寒かったはずなんです。
氷点下30度で学校1時間遅れとか、ざらにあったはずなんです。
今は氷点下10度にもなっていないのに震えるくらい寒いんです。年ですか?年ですね。

その上で雪も多いんですよ。今年。
昔は、もっと雪が多かったはずなんです。
実家前の広場でソリ山とかカマクラとか作ったりしていたはずなんです。
今は自宅の前で雪が10cmも積もってなくても悲しくなるんです。年ですか?年ですね。

そんな訳で、雪の話です。
皆さんは除雪の事、なんて呼びます?
「雪かき」?「雪はね」?「雪なげ」?「雪すて」?
旭川を含めた上川圏の方は「雪かき」派と「雪はね」派が多いでしょうか?

「雪かき」                                  「雪はね」

積もった雪をかき集めると「雪かき」
集めた雪山の上に雪を跳ね上げると「雪はね」
川や空き地などに雪を捨てると「雪なげ」とか「雪すて」とか呼びます。まぁ、感覚的なものですが…

ちなみに、「なげる」は北海道の方言で「すてる」事なので、「雪なげ」と「雪すて」は同じ意味です。
自宅前には人の背丈以上に積みあがった雪山がありますが、溶けやしないのでどんどん高くなります。
そこからすると、我が家は「雪はね」派ですね。
一部は家の裏に「なげる」ので「雪なげ」とのハイブリッドですね。

面倒くさがって「雪かき」や「雪はね」をせずに降った雪を放って置くと、自動車の裏側が雪でつかえて動けなくなったりするんです。
北海道の方言では「あずる」とか言います。
「あずった」場合の対処法は車の周りの雪を「かいて」から、車を押したり、牽引したりして救出される羽目になります。
周囲の人達が手伝ってくれる事が多いです。人の情が身に沁みます。

いずれにしても、スキー場などの積雪が重要な施設以外にとって、雪は厄介者ですよね。
それに雪を「かい」たり「はね」たりするのは意外と重労働だったりします。

…頑張りすぎて足腰を痛めた際は、無理をせずに当院へ受診をしてくださいね。

Mにはゆっくり休む時間はない
『親睦会会長』『院内行事である年末の大忘年会』
はその立場と仕事の量のプレッシャーで知覚過敏が悪化した

 

また、詰所内に電話が鳴り響く… 宛だ…
仕事の手を止め受話器に走る

 

~会場であるホテルの打合せ~
~司会進行の構想を練る~
~余興部署との打ち合わせ~
~さらには、自分も参加する余興の練習~
その他仕事は山積みだ

しかしは何ひとつ手を抜かない
どんな時も真剣だ

 

・・・・ある昼休み、詰所でPCに向かいながら、ふと景色に目をやった
そんな時、脳裏によぎるBGMはきまって山口百恵『いい日旅立ち』のサビだ
『♪Ah~~日本のどこかに~私を待ってる人がいる~♪』
何故かしんみりした

そんなに取材班は聞いた
『なぜそんなに頑張るんですか?』
『やっぱり…待ってる人の為でしょうね
別に頑張ってるって訳じゃないんです。これが自分』
トレッドミルの上で汗を流しながらは言った

にはゆっくり休む時間はない・・・いや、いらないのだ

リハビリテーション課のシバタです。

今年も早いもので、残り1ヶ月となりました。
12月といえばX’masということで、
世のお子様方がワクワク… ソワソワ… し始める
季節ではないでしょうか?

我が家の小学2年生の息子に
「今年はサンタさんに何お願いするん?」
と聞いたところ…

「これ頼もうかな!!」と

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

…どう見ても生搾りジューサーです(笑)

「いやいや… 普通はね、オモチャとか、ゲーム
とか色々あるんじゃないの?」と言ったところ

「毎朝、搾りたてのオレンジジュースを飲んで
学校に行くの健康的じゃん!」との答えが…

最近の子供の健康志向の高さには脱帽です(笑)

これから益々寒い日が続きますが、風邪など
引かぬよう、楽しい年末をお過ごし下さいませ。

先日ボジョレー解禁に合わせて、大ワイン会が開催されました。
毎年職員が楽しみにしているイベントで、今年も美味しいワインにお料理、ビンゴ大会や
ジャンケン大会など、みなさん大いに盛り上がっていました。

 

 

 

職員によるバンドの生演奏に、理事長はフルートで参加。皆さんの奏でる素敵な音色が、会場に響きました。
今年も大盛況のワイン会となりました。

みなさん,こんにちは~外来看護師T&Tのつぶやき隊です。
いつも当院で行っている事を紹介させていただきます。
と,その前に・・・
診療科で整形外科といっても幅広く大きく分けて脊椎(頚や腰),上肢(鎖骨~指先),下肢(骨盤~足先)に分類されており,当院でも,脊椎,上肢,下肢,スポーツ医学の医師がおります。
当院では週に一度,医師のカンファレンス(臨床検討会,症例検討会)が行われており,カンファレンスには全ての整形外科医,麻酔科医,手術室看護師などが参加しています。
カンファレンスの前,後の週の手術症例を基に話し合われ手術方針について討議し仮に異論がある場合には徹底的に話し合われ,シュミレーションを行い100%の状態で手術に臨んでおります。

と,ここまでは他の施設でも行われていると思いますが・・・
当院では,外来診療中でも外来にてカンファレンスを行っています。当院は第1診察室~第4診察室,内科の診察室の計5つの診察室があり,それぞれの医師が患者さんの診療を行っています。

ある日のこと・・・
足の痛みを訴えてきた患者のAさんがC医師の診療している診察室に入り,問診→診察→レントゲン撮影を行いました。レントゲン写真では不明であったためCT撮影が追加されました。CTの結果が出た為,全ての診療がストップ。診察室では外来で診療している全ての医師が集合しCTを読影しながら患者さんの主訴,症状,治療方針についての症例カンファレンスが始まりました。

カンファレンスで情報を共有し患者さんは,C医師→E医師の診察室に入り,患者さんにわかりやすい言葉で病状と治療方針について説明がなされ患者さんは納得されて治療を行いました。
これぞ,まさしくチーム医療だと感じさせられる場面です。

私たちの病院は,患者さんを中心に考え医療従事者が連携,協働して治療やケアを実践しております。そこが一番の魅力だと感じ,日々外来看護に従事しております。

月に1・2回、休日に図書館へ行き、本を借ります。難しい本は借りません。字が小さいものが多く、最近読みづらくなりすぐ眠くなってしまいます・・・ (^_^;)
そんな私の(今後の)力強い味方!

「こども本コーナー」とても面白いですよ!小学生の頃、図書室に並んでいた名作シリーズを見ると懐かしさが込み上げてきます。
こども向けの本は、簡単・少ない言葉で大切な事を伝えています。とても勉強になります

題名を見てピンときた本を次々手に取り、あっという間に時間が経ちます。

良い本との出会いがあると嬉しくなります。
心に蓄えた養分を、良い形で活かして行きたいです。

その後ラーメン屋さんに行くのが、ほぼお決まりのパターンです。

(写真は旭川中央図書館の許可を得て撮影しました。)  【事務長】

栄養課職員Oです。すっかり秋らしくなってきました。
先日は、当院恒例の行事食「紅葉弁当」の日でした。
90食程作りました。入院患者様に秋を感じていただけたでしょうか?

-おしながき-
・秋のおこわ(しめじ・栗・ぎんなん・四季ごよみ)
・天ぷら盛り合わせ(えび・南瓜・ししとう・舞茸・蓮根)
・オムレツ・焼き鮭・つくね・豆腐田楽・揚げ茄子
・生酢・漬物・スイートポテト(手作り)・ぶどう

 

通勤の途中に、紅葉を発見!!撮影してみました。

これから、段々寒くなってきますので、体調に留意して日々の業務にあたっていきたいと思います。