医療法人社団 整形外科 進藤病院

〒078-8214 北海道旭川市4条通19丁目右6号
TEL0166-31-12210166-31-1221
FAX:0166-32-5404

2020年10月戻る

HOME > 2020年 > 10月

こんにちは。リハビリ課トレーナーの中川です。
10月も後半に入りグッと気温も下がって冬が近づいてきましたね。
今年はマスクを常に着けながらの生活時間が長くなり、息苦しいマスク生活にも慣れてきた方も多いと思います。
最近ではマスクをしていない時間の方が違和感を持つ方もいるのではないでしょうか?
そして深呼吸をする事も減ってきているのではないでしょうか?

呼吸には、ピラティスやパワー系のヨガなどで用いるような腹圧を高め骨盤や体幹を安定させるような呼吸法やリラクゼーション系で用いる心身ともにリラックスを目的とした呼吸法など呼吸ひとつをとっても様々な方法があります。
呼吸をしっかりと行う事で、身体にもたらす影響は大きく変わってきます!

今回はこの呼吸を意識したエクササイズを紹介します!
エクササイズ前後に体前屈などストレッチをして比較すると違いを感じられると思います。
是非お試しください。

ブレススタンディング

1、掌を正面に向けながら手を外から上げる。→最大まで息を吸いながら、頭の上で手を合わせる。
2、掌を正面に向け、ゆっくり吐きながら手を降ろしてくる。
3、ももの横で掌を止めて息を吐ききる。→息を吐ききった所から4秒間更に吐ききる。

こちらから動画もご覧いただけます。(https://youtu.be/0gwp3xXVEzY)

ポイント! 吸うときはお腹を膨らます。 吐くときは肋骨を内側へ絞るイメージで。
呼吸は止めず、しっかりと吐ききることを意識しましょう!

進藤病院では私たちトレーナーによるマンツーマン指導を行うパーソナルトレーニングも実施しております! お気軽に当院までお問い合わせください。

進藤病院リハビリ課 担当 中川 0166-31-1221

こんにちは。リハビリ課トレーナの関です。
10月に入り旭川の気温も下がり、季節も秋へと変わってきました。
今年は新型コロナウイルスの影響で外出自粛などにより、普段通りの生活が出来ないことが続いていましたが、少しずつ規制も解け感染対策を行いながら、屋外やトレーニング施設、体育館などで運動を楽しんでいる方も増えてきたと思います。

皆さんは運動の前後にストレッチやケアを行っていますか?
ストレッチやケアを行う事で怪我の予防だけでなく、身体の関節の動きを良くするなど様々な効果があります!
運動を楽しく行う為に今回は怪我予防として足首周りのストレッチを紹介します。

 

 

こちらから動画もご覧いただけます。
足首周りの動きが悪いと、歩く、走る、ジャンプなど様々な動きに影響を与えます。
日常生活でのちょっとした段差でのつまずきなどの原因にも・・・
これから冬に入り雪道の対策としても必要な動きになってきます。
運動前後など是非やってみて下さい!

当院では、1人1人の目標や目的に合ったトレーニングをより効果的に行う為にマンツーマン指導(1対1)によるパーソナルトレーニングを行っています。
一緒に楽しくトレーニング始めてみませんか?
お気軽に当院リハビリ課までお問い合わせください。

進藤病院 0166-31-1221(リハビリ課 担当 中川)

今日は十五夜ですね。
毎年、春には桜の枝をご自宅から切って来てくださる先生が、
昨日とても立派なススキを持ってきてくださいました。

医局の玄関にお団子も添えて、お月見の準備万端です。
曇り空が晴れて今夜は仲秋の名月が見られると良いですね。

今年は残暑が厳しい夏でしたが、あっという間に初秋涼夕の日々も過ぎ、
朝晩が肌寒く感じる日が増えてきました。
錦秋の季節がすぐそこまで来ております。

季節の変わり目皆様お体を大切にお過ごしくださいね。

秘書室K