医療法人社団 整形外科 進藤病院

〒078-8214 北海道旭川市4条通19丁目右6号
TEL0166-31-12210166-31-1221
FAX:0166-32-5404
HOME > ニュース

今までの記事戻る

当院整形外科で非常勤医師として勤務されている、清水先生の紹介記事が、10月2日付北海道新聞(朝刊)に掲載されました。

9月9日10日両日、金沢市で開催された同学会に当院看護部より「肩腱板断裂手術後の浴用装具改良を試みて」の発表がありました。

 

9月4~6日の3日間大阪で行われているU-18サッカー日本代表候補トレーニングキャンプに旭川実業高校3年の圓道将良選手が選出され参加しています!

圓道選手は高校1年時に足首を骨折し、当院で2度の手術とリハビリを乗り越え、昨年の全国高校サッカー選手権大会に出場し、今年度はチーム初となる高校総体全国ベスト8進出に大きく貢献した選手です。
このキャンプでは、全力で自分をアピールしつつ、レベルの高い雰囲気や経験をチームに持ち帰って、残りのリーグ戦や10月の全道大会に繋げてほしいと思います!

9月2日に札幌で行われた第55回北海道膝関節研究会において、当院の進藤理事長が

「大腿四頭筋腱を用いたMPFL再建術の小経験」の発表を行いました。

8月18日(金)、旭川市東光にある防災センターにて『自衛消防隊訓練大会』が開催されました。
当院からは、補助散水栓の部に2チームが出場しました。

 

訓練は3人1組により、119番通報・初期消火・避難誘導などの操作を決められたコースの中で行い、
一定区間における計時(タイム)と操作の確実性を評価されるものです。

 

〝進藤病院のメンバー”として出場するにあたり、一致団結のためにお揃いのTシャツを作っていただき、それを当日着用して挑みました。

 

訓練の結果は、44チーム中『進藤病院Aチーム(黄色Tシャツ)』が優勝、
『進藤病院Bチーム(青Tシャツ)』が準優勝で、ワン・ツー・フィニッシュを果たしました

 

この大会にはNHKの取材が来ており、『ホットニュース北海道』というコーナーで当院職員のインタビューが放送されました。

この訓練大会への出場経験を基に、火災などの緊急時に患者様の安全につなげていけるよう
職員一人ひとりの消防に対する意識を高めていきたいと思っております。

【追伸】
出場した職員が書いたブログも是非お読みください。(ブログはコチラ☞【オペナース2年目のキセキ(完全燃焼版)】)

現在、以下の職種につきスタッフを募集しています。

【給食調理】 進藤病院の給食調理をしていただくお仕事です。
(調理師免許がなくても大歓迎です!)

【調理補助】 給食の盛り付け、食器洗浄等をしていただくお仕事です。
(パート勤務、時間応相談)
※調理スタッフは食費補助があります。

【訪問リハビリテーション】(理学療法士・作業療法士)
患者さんのご自宅へ訪問し、リハビリを行っていただきます。

※ 給与等の詳細は事務部 東山へお問い合わせください。

 

8月19日、札幌で開催されました第22回 北海道下肢と足部疾患研究会において当院
林 真 医師が「稀な女子高校生ボクシング部員の踵骨疲労骨折」を発表しました。

 

日時
平成29年8月12日(土) 午後6:00~8:30
雨天の場合は13日に順延することがあります。
※当日、行う場合は、合図花火(午後6:00)でお知らせ致します。

メニュー
生ビール 400円  缶ビール 200円  焼きそば 250円  焼き鳥 60円  ラーメン 300円  からあげ 200円等々
※他にもヨーヨー50円など、お子様向けのお楽しみコーナーも用意いたしております。

年2回開催している、医療安全・感染対策委員会主催の講習会を、6月17日(土)、進藤病院研修室で行いました。
今回の医療安全対策講習は、旭川東警察署 生活安全課の皆さんにより、『不審者侵入時の対応』について講義と実演をしていただきました。

坂野生活安全課長から、不審者への対応について講義をしていただきました。

『まずは、あなたの身の安全を考えてください!』

続いて、「ASEDELチーム」の方より『護身術』を実演いただきました。

(様々な“防御・かわし方”を分かり易く教えていただきました。)

早速、職員も実演。 「実際の場面で出来るだろうか?」


講義・実演終了後には、沢山の質問が出ました。職員一同、危機に直面した際の認識を新たにし、防犯意識を高める大変良い機会となりました。

【事務長】